介護老人保健施設愛の一日の流れ

8:45

申し送り

入所者の様子・体調不良者の経過について夜勤者より申し送りを受けます。

9:15

検温・施設長診察指示受け・内服薬管理・処置

体調不良者のバイタルチェックを行い、施設長に報告し指示受けします。 一日の内服薬チェックとセットを行います。処置を行います。 リーダー以外の看護師は介護スタッフと協力し、補水・入浴介助を行います。

11:30

昼食準備

昼食薬の準備をします。 糖尿病の方の血糖チェック・インスリン注射を行います。 経管栄養者の注入を行います。

11:45

昼食

介護スタッフと協力し配膳・食事介助の必要な方の食事介助を行います。 休憩(交代で1時間食事休憩をとります)

14:00

検温・リハビリ・レクリエーション

午前中体調不良の方のバイタルチェックを行い報告します。 個々に応じたケア計画に沿いリハビリを行います。 QOL向上のためレクリエーションの協力をします。 カンファレンス参加、多職種と入所者様の話し合いに参加し情報の共有をします。

15:00

補水・おやつ

経管栄養の方の補水を行います。入所者の水分摂取状況を確認します。

16:00

記録

看護記録へ必要事項の記録を行います。

17:00

申し送り

夜勤者へ申し送りを行います。

17:15

日勤業務終了

介護老人保健施設「愛」における看護師の仕事

介護施設では慢性期疾患により障害をかかえ、介護が必要な方が入所されています。 家庭的な雰囲気の中、「一人ひとりが安心して自分らしく生活できるように支援する」を 方針に個別ケアの充実を図っています。 施設における看護行為の障害者のケアは、傷病の経過を分析して改善方法を導き、QOLの 向上へと導くことです。フィジカルアセスメント(身体評価)・医療依存度の高い高齢者のケア・薬管理と与薬・治療介助・処置・リハビリテーション・疾病の予防や健康の維持増進を目的とした指導などを行っています。 「笑顔」と「ありがとう」を多職種と共有し、協働できる職場です。